2010年10月5日火曜日

 
なにか を作っていく工程で
 
ほんの一瞬だけ、なんとも言えない至福を感じるのは
 
まるで刹那的な何かを
つかまえることができたかのように
錯覚してしまうから
 
つかまえた、と思った時には
それはすでに手の中で腐りきっていて
 
悪臭を放つ