2010年6月1日火曜日


尊敬と ぼんやりした憧れと 大量の罪悪感と はがゆさと。
 
なにひとつ出来なかったあたしが これ と本気で向きあえるのだろうか。